トップメッセージ

『Heartiness』の精神で組織が一丸となり、
人々の「心と身体の健康づくり」に貢献し続けます。

代表取締役社長  正村 宏人

株式会社東京アスレティッククラブ(TAC)は、2019年2月6日に会社設立50周年を迎えました。奇しくも日本の元号が平成から令和へと改元され、新しい時代が始まる年に、企業として大きな節目を迎えることができました。

この半世紀、日本は平和で豊かなグローバル社会国家へと発展し、その一方で世界屈指の少子・超高齢社会へと変貌を遂げてきました。また、社会と暮らしを取り巻く環境は、技術革新、医療や福祉など社会保障の充実とともに、人々のライフスタイルや価値観はますます多様化を極めています。

しかし、どれだけ社会や人々の暮らしが変化しても、決して変わらないものがあります。
それは、今日の長寿・超高齢化に伴って顕著となっている“健康寿命への希求”、誰もが求める“心と身体の健康”への願いです。

東京アスレティッククラブ創業の理念は「心と身体の健康づくり」。

会社設立50周年の節目を迎えた今、弊社は人々の不変の願いに応えるため原点に立ち戻り、『Heartiness』(誠心誠意)の精神を大切にし、地域の方々や業界関係者とパートナーシップを組み、健康長寿社会の実現に向けパワフルな取り組みを一層目指していきたいと考えています。
1970年、弊社は日本初の会員制総合スポーツクラブを東京・中野に開設しました。以来、時代のニーズを見据えながら歩みを積み重ね、今日では首都圏エリアを中心に総合スポーツ施設、体操・ダンス教室のほか、幼児保育教育施設や自費リハビリテーション施設を展開しています。また、日本全国の公共スポーツ施設の運営をはじめ、2019年6月には当社初のPFI(民間資金等活用事業)である『かみす防災アリーナ』(茨城県神栖市)をオープンし、今後は海外拠点の開発も推進していく計画です。

2020年に間近に迫った東京2020オリンピック・パラリンピックの開催は、スポーツ界への注目度アップはもちろんのこと、日本国民がスポーツに関心を持つ絶好の機会となるでしょう。スポーツ機運が高まるこの時機に、弊社はスペシャリティあふれる運動指導とサポートを通じて、地域の皆様が生涯スポーツを継続し、“心と身体の健康”という財産を維持できるよう、さらに付加価値の高いサービスづくりに取り組んでまいります。

今後とも皆様方のより一層のご支援、ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

© 2019 Tokyo Athletic Club Co.,Ltd.
All rights reserved.